『食堂へ行こう!』ルアンパバーンのおすすめモーニング・ランチ

グルメ

さあ今回は、ラオス・ルアンパバーンで実際に僕が行った、
朝食と昼食にお勧めの食堂を紹介します。

バインミーの名店『Nang Ae Restaurant』

1つ目のお店はラオスのサンドイッチ、バインミーが食べられる『Nang Ae restaurant』です。


バインミーは東南アジアでは凄くポピュラーで、朝食や昼食でよく食べられます。
そして、ここの食堂のバインミーはその中でも絶品です。

お店の場所はこちら↓

ルアンパバーン市内の中心でとっても好立地です。

お店の外観はこんな感じです。

店内は少ないですが、机と椅子がありその場で食べることも可能です。
持ち帰りの方は、上の写真の緑のワゴンで注文します。
(バインミー目当ての方は、テイクアウトが多い印象でした)

店内のメニューは写真付きで分かりやすいです。

僕は『バインミー』は勿論の事、『ライスヌードル』も注文しました。
注文して、待つこと5分ほどで料理の到着です。


2つ合わせて約360円です。

バインミーは20センチ近いサイズで、食べごたえ満点です。
ただし、辛みがソコソコ強いので、辛いのが苦手な方はちょっと辛いかもしれません。

ライスヌードルはベトナムのフォーにそっくりなお味で、
とっても優しい味で、辛いバインミーと一緒に食べるには最適でした。


僕は朝の10時くらいに店に行きましたが、その時には既に大勢の人がお店に並んでいました。
ちなみに別の日は12時前に行ったときには既に売り切れでしたので、すごい人気です(^^;
食べたい方は、11時までにはお店に行くことをお勧めします。


昔ながらの食堂『Nang Tao』

2つ目のお店は、どこか懐かしさを感じさせてくれる食堂「Nang Tao」です。

ここの食堂では、現地の方が普段食べるような料理を低価格で楽しむことができます。

お店の場所はこちらです↓

こちらも、ルアンパバーン市内にあり、好立地です^-^
ただ、お店が少し地味目な見た目ですので、パッと見た感じでは分かりづらいかも知れません。
外観はこんな感じです↓


店内は想像より広く、開放的です。

お店の奥にあるウォーターサーバーでお水を飲みながら、メニューを吟味します。

単品の料理は殆ど、200円前後です。
正直、どれが美味しいのか全く分からないので適当に注文しました。

名前は忘れてしまいましたが、3品とも店員さんのお勧めに従いました(^^; 
お味は勿論goodです。少し濃い目の味ですが、しつこくなく食べやすいです。

余談ではありますが、店員さんがテレビを見てずっと笑っていました(笑)
少しくつろぐには最適のお店です。

以上、ルアンパバーンでの朝食・昼食にお勧めの食堂でした。

ちなみに、今回紹介したお店には、僕はバイクで行きました!
ルアンパバーンはバイクでの移動がとっても便利です。
バイクレンタルに興味がある方はぜひこちらも参考にして下さい↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました